ミニマリスト歴2年が教えるいらないものリスト20選

ミニマリスト歴2年が教えるいらないものリスト20選

ミニマリストな暮らしがしたいけど、具体的にどういったものを捨てればいいかわからん!!ってなりますよね。
ぼくもミニマリストになる前は「いや、捨てましょうって言うけど何を捨てればいいの?」と詰まってました。

ゆうがのミニマリストな部屋
ですが、現在では画像のようにミニマリストになることができました。

そこで本記事では、ミニマリスト歴1年のぼくが実際にモノ捨てたなかで「これはなくても困らないな」といういらないものリスト20選を紹介します。

ミニマリスト歴1年が教えるいらないものリスト20選

リスト①:ベッド

リスト①:ベッド

はじめに一番なくなってスッキリするのはベッドです。あきらかに片付けた感があります。
「さすがにやりすぎ」と思うかもしれませんが、床で寝るのと睡眠の質が変わらないという研究結果がありぼくも試してみましたが床で眠るほうがが気持ちよく寝れました。

上記のとおりで、睡眠の質は変わらないのでベッドは捨ててOKです。


リスト②:敷布団

リスト②:敷布団

こちらもベッドと同様に睡眠の質が変わらないので捨てました。
「じゃあなにで寝てんだよ。」っていうと寝袋で寝てます。詳しくは下記の記事で紹介しています。

家で寝袋で寝るメリットを4つ紹介【ミニマリスト歴2年が解説】家で寝袋で寝るメリットを4つ紹介:ミニマリスト歴2年が解説

リスト③:おしゃれ用の服

リスト③:おしゃれ用の服

こちらも捨てるとかなり片付けた感がでますよ。余談ですがミニマリストの10割の人は服を捨ててます。
そもそも、服はなにを着るかを悩む時間が無駄なので最低限過ごせるだけの服にだけしました。なので、あくまで「おしゃれ用の服」を捨てたということです。


リスト④:おしゃれ用の靴

リスト④:おしゃれ用の靴

こちらも服と同じく今日なにを履いていこうかと、悩む時間が無駄なので捨てました。僕が愛用している靴はオールバーズ という名前の「世界一の履き心地」と言われる靴です。


リスト⑤:紙の本

紙の本

今は「KindlePaperwhite」という電子書籍が最強すぎるので、もう紙の本を保つ必要がないなと思ったので捨てました。KindlePaperwhite使ってみたことがない方は、ぜひ一度使ってみてください。シンプルに人生変わります。
Kindle Paperwhite


リスト⑥:目覚まし時計

目覚まし時計

今はスマホのタイマー機能が有能で目覚まし時計を使う必要はないので捨てましょう。
スマホのタイマーを消したと同時に、スマホを見てダラダラするっていうデメリットもあるんですけど、それ以上に物がなくなるのでそっちのほうがメリットです。


リスト⑦:カーペット

カーペット

カーペットは暖かくていいんですけど、いくら掃除してもゴミが溜まるので捨てました。
※個人的には大きな雑巾だと思ってます。


リスト⑧:テレビ線

テレビ線

地上波のテレビは、シンプルに無駄な情報が頭に入りすぎなので捨てました。
なので僕は代わりに、Bloomberg の「【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース」をメルマガで読んでいます。

ゆうが

仮想通貨や世界の情勢がひと目でわかり、読み返せるのでかなり良きです。芸能人の不倫とかのどうでもいいニュースとかが入ってこないので最高です。

リスト⑨:アイロン

アイロン

シワが付く服を持っていないので捨てました。仮にワイシャツ買ったとしても、形状記憶のワイシャツを買うので必要ないです。
そもそもアイロンを書ける手間や時間、電気代を考えたら明らかにクリーニング屋さんに頼んだほうがコスパ良いので。


リスト⑩:掃除機

掃除機

クイックルワイパーが有能すぎて捨てました。掃除機はわりとゴミを吸えてない印象ですし、音がうるさいので捨てました。
そもそもなにもない部屋のためゴミが溜まりづらいから、クイックルワイパーで十分です。


リスト⑪:パジャマ

パジャマ

明日着る服をまえもって着ていたほうが、時短になるので捨てました。ジャージを着ながら寝ればそのまま運動できるので仕組み化できてコスパが良いです。


リスト⑫:バスタオル

バスタオル

フェイスタオルに切り替えてから、バスタオルとの違いがあまり変わらないなと思ったので捨てました。男性の方だったら、フェイスタオルで十分です。僕自身170cmありますが余裕に体をふけます。
しかも洗濯して干すときも、フェイスタオルだと重くないのでストレス減りますよ。


リスト⑬:空き箱

空き箱

スマホや家電などの空き箱は、結局なんのために使うのかがわからないので捨てました。
「売るときに空き箱がないとだめだ!」って言いますけど、メルカリとか見る限り空き箱付きじゃなくても全然売れてますね。


リスト⑭:取扱説明書類

取扱説明書

今はネットで調べれば情報がでてくるので捨てました。調べてもでてこない場合は、自力でなんとかする感じです。
というか、そもそもそういった製品は始めから買わないようにしています。


リスト⑮:年賀状や手紙

年賀状や手紙

スマホで撮っておいて、いつでも見れるようにしてるので捨てました。大事なのは「もの」じゃなくて「気持ち」です。


リスト⑯:ポスター

ポスター

よくアニメのポスターなどを壁に貼り付けていましたが、あんまり意味ないなと思い捨てました。ここは個人の価値観の部分ですが、貼り付けたところでなにもないので捨てました。 


リスト⑰:ローテーブル

ローテーブル

シンプルに猫背になるしオフィスチェアとデスクのほうが作業しやすいので捨てました。おかげで疲れずらくなって、毎日快適に作業てきています。


リスト⑱:フィギュア

フィギュア

アニメのフィギュアを集めていましたが、部屋に合わなすぎるし、飾っていても現実は変わらないので捨てました。


リスト⑲:消臭剤

消臭剤

シンプルに詰め替えるのがめんどうだし、窓を開ければ自然のいい匂いが入ってくるので捨てました。


リスト⑳:書類などの紙

書類などの紙

すべてGoogleドライブや、スプレッドシートにまとめています。他に0秒思考ようのなメモ用の紙はファイルボックスに収納しています。
無印良品 ポリプロピレンスタンドファイルボックス

ゆうが

以上、ミニマリストのぼくの「いらないものリスト20選」でした!かなり具体的なので、今すぐに実践できて家をスッキリさせることができますよ!

ものを捨てたところで後悔しません

「とはいえ、20選とかやりすぎだよ。」こういった反論があるかもですが、結論として、今回紹介した「いらないものリスト20選」は今すぐ捨てましょう。

理由として、別にものが無くなったところ後悔はしないし3日後には忘れてるから。
3日前のごはん何食べたかわからなくなるのと一緒です。

片付けが超絶楽になる

今回紹介したモノを捨てることにより、部屋の片付けが超絶楽になります。
よく、「掃除したいんだけど、明日にしとこう」みたいな気持ちってありますよね。ですがこれが無くなります。

苦しいかもだけど、それ以上にメリットがある

たしかに捨てるときは苦しいかもしれませんが、そもそも今回紹介したものは人生に不可欠なものではないので捨ててOKです。
「ごちゃ」っとした部屋から思いきってモノを捨てることで、新しい快適な部屋になりそっちのほうが幸せになります。

ゆうが

なので、思いきって捨ててみましょう!それこそがあなたがミニマリストになるための第一歩ですよ。

ミニマリストライフを継続するコツ

「捨てたのはいいが捨てすぎた。」という状況はわりとあるあるなので、ミニマリストライフを継続するコツを話すと、結論は下記です。

  1. 明らかにゴミなのは捨てる
  2. 悩んだら捨てる
  3. 用途が同じなもの、近いものは一つにして捨てる
  4. 無くなると困るものはとっておく
  5. 一つ買ったら、一つ捨てる

こんな感じで、捨てるものなどを決めるとミニマリストライフを継続できます。
また、ものを買う際も同じ用途のものだったらどちらかを捨てるというふうにすれば、モノも増えないので快適に暮らすことができます。

詳しくは下記の記事で解説していますので参考にしてみてください。

ミニマリストのなり方ミニマリストになるには?なり方を5STEPで解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。